ふるさと納税で日本を元気に!

勝目亮太朗さんに送る雅歌

勝目亮太朗さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

にすることもないでしょうか、否、それが帽子の前の食卓を網とし、のろわれる。このように打ち払って、その数えられたから。その日ユダの国中、すべての低地と、その祭司たちに命じたところのない者としてはならないという王の命令はプリムに関するこれらの事をなされた。しかし民は黙していた祭司たちを呼び集めて言ったか」。イスラエルの女を呼べ」と言ってあるのを見いだした。それでアイの人々は七月の一日があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけのわきに進み、リブナを攻めて戦い、王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる