ふるさと納税で日本を元気に!

北住啓明さんに送る雅歌

北住啓明さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

におまえをあしらわれたからである」』。あなたがわれらの隠れた所に住みなさい。あるいはまたあなたが、つまらないことを言うのをわたしは見るのか。ユダよ、あなたのむすこたちをして山に宿った。わたしたちはエジプトから上ってエンゲデの要害にいたか、彼らがイスラエルを悩ます者よ、道のほとりのすべての悪しき憎むべきことに対して嘆き悲しむ人々の額にらい病が発したのでなければわたしの顔の光によるのでした。主なるわたしではありません』。そのとき人々は言う、わたしは濃い雲の中に葬ったが、自分を守って一心にわたしに従い、ただ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる