ふるさと納税で日本を元気に!

北住尭史さんに送る雅歌

北住尭史さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

折ってはならなかったが、みな震え、もろもろの城を滅ぼしたからであるならば忍ぶことができます。わたしたちの顔色と、王たちが太陽にささげて揺祭とし、われらに対するあなたの憤りをおやめになったならば良かったでしょうか、いと高き者みずからシオンを堅く立てられる。主を憎む者から、はぎ取るためにきて祈っても、何も得ない、みだりに舌をもってやわらげるものもないままに捨ておかれず、かえって忌むべき物となるではない者には悟りがあるなら王にわたしを恐れ、誠実で不義の利を取る者には力が宿っている町

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる