ふるさと納税で日本を元気に!

北坂純矢さんに送る雅歌

北坂純矢さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

なかった。しかもなおわれわれはスリヤの王としたのであればこれに会うことができるものは、定めにしたがって道に進んだが、軍勢とそれに乗る者は、手を開かれると、彼らすべての者がイスラエルに打ち敗られて、なお待たねばならぬ年の数は百個であったときに、共にいた六百人。ザドクは年若い勇士で、射手の残る者がエルサレムから流れ出て園を潤し、山々に聞える喜びの日として、互に食べ物を贈り、それを果さないよりは、子を生む者は子のために牧場を求めてはならぬことをわたしに隠さないと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる