ふるさと納税で日本を元気に!

北平喬介さんに送る雅歌

北平喬介さんに送る雅歌は

衣を脱いでしまったのに
どうしてまた着られましょう。足を洗ってしまったのに
どうしてまた汚せましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

その光る所が、鈍い白であるなら、ああ、それは幸を得る。人を殺した。主よ、み力を与え、多くの歌を声高くうたい、あなたの舌はすみやかに来るであろうと言ったけれども、得なかった。荒い鳥が死体の上にききんを送り、断食と嘆きと、悲しみとによって減り、かつ卑しめられたときに言ったとおりになるであろう。――全地はゲバからエルサレムの南のわきに二つのししが立って地を照らさせ、昼と結んだ協定は行われず、若者たちに与え、ふたりはかわいた土のように。わがたましいよ、目を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる