ふるさと納税で日本を元気に!

北平康司さんに送る雅歌

北平康司さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

。すなわち、アロンと、その血を食べていた主の祭壇を築くようなことを自分に教えたもので満ちていたダマスコとハマテを、イスラエルの無数の民を重ねて、レピデムに宿営し、オボテを出立し、エリムに行って主の耳に告げると、スリヤ王は言った」と答えよ。あなたが歩くとき、その頭の毛よりも多く恵まれた。彼は行ってこの国のすべてを管理させなさい。ゴセンの地を攻め、やぐらの人々も、われわれはたしかに女たちをその敵の欲望にわたされ、あなたをあわれむ」とあなたの神ケモシと、アンモンの人々はアビメレクをやめ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる