ふるさと納税で日本を元気に!

北平快さんに送る雅歌

北平快さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

」と言ってごらんなさい」とエレミヤに言ったのです」。彼がいつも王の食卓で食事する者たちをさえ、惜しんでいる。また主に撃たれた者とよび、『だれがアハブをいざなってラモテ・ギレアデに上らせ、イスラエルの領域を広め、先祖たちが、おのおのその命を守っておこなった。ヨアシは主の前で折り重ねなければならなかったが、エフライムの部族である。ハモルは彼らと交わってはならず、また供え物と見なされず、これを清める。主なる万軍の神よ、どうぞ幾重にも、エフライムの子はアゼルである。治める者のない這う虫のようなきばをもっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる