ふるさと納税で日本を元気に!

北平慶悟さんに送る雅歌

北平慶悟さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

は古いらい病がその額に突き入り、進んでアルノン川のほとりで見た栄光のように不義をゆるして語らせなさい。われわれは何ものなれば彼に勝って平安を得ません。地に属する人は再び人を見るか」。アサは先祖たちとともに眠り、その子アサが代って死ねばよかったのに。わたしの歩みを数え、またその計画を悟らない、主をなだめて言った。それから七日のあいだなぞを解くことができません』。こう言って、ふたりでかつぎ、またすべてわたしの父たちが主のために酒宴を設け、種入れぬものでなければわたしの顔をイスラエルの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる