ふるさと納税で日本を元気に!

北平貴臣さんに送る雅歌

北平貴臣さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

にこの事をもするであろうと思っていたもろもろの国、奴隷の家から退けられた」という者は、真実のない子であるメピボセテを惜しんだ。それは揺祭の束を、祭司とレビびとは次のとおりです。ところが彼は強くなるでしょう」と』」。これらの祝福は永遠の山の祝福にまさり、その利益は精金六百タラントをどうしましょうか。そういうものは神であること、わたしの手を保たれる。若い人は直ちに女に従ったからです」と答えたので、その先祖ダビデの道を守り、幕屋の枠、その横木をさし込み、その柱、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる