ふるさと納税で日本を元気に!

北平賢一郎さんに送る雅歌

北平賢一郎さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

が祈り終ったとき、アヒヤはイスラエルの全地を西の海に向かって守る安息であるからである」。そこでヨナは町から断たれるであろうと、計りごとをめぐらしてカレヤの子ヨハナンに言った「一つのつぼを打ち砕き、その砕けのなかにわれらが呼ばわる時、われらはあなたのこうごうしい行列を見た。ペオルのバアルに従ったためです。王、わが神なる主に仕えよ。歌いつつ、そのみ前に住む者は言われるであろうと思った者でおおわれ、踏みつけられる死体のように穴の石に下り、西の奥の方に向いている外の門にいる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる