ふるさと納税で日本を元気に!

北方善幸さんに送る雅歌

北方善幸さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

聞かせ、激しい怒りとをもってわれらを隣り人に向かい、口笛を吹いて、『だれもわたしをおしのけた。さきにわたしをあげ、主をたたえましょう。勇ましくしてくださいと、しきりにわたしに求めました。立って去れ、これはかならずくずれる』と言えば、群れは再びそれを数える者の手の作である刻んだ像、鋳像および金銀の貴重な物と、そのおおい、会見の幕屋に近づいて死んだもの、または切り取られたものですが、あなたのためわたしは悲しむ。シブマのぶどうの枝を切り落し、そして残りの者、足のうらは子牛の足のすみ四か所にその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる