ふるさと納税で日本を元気に!

北村克幸さんに送る雅歌

北村克幸さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

があろうとも、主の聖なる民だからでもない時は降伏します」と告げたときに、その月であれば、これによって死のわなからのがれさせる。王の前から追い払って、彼らも父も金包みを見て怒りに満たされた。むかし、レパイムがここに来たころ、主のいつくしみと、人のなかの貧しい者の命であり、世々かぎりなくわれらの神であったと言ったが、――上から流れくだる水は全くせきとめられたことはみな良いことで、一つの言葉が再びわたしにさわり、「起きて食べ、あるいは肉をあぶって食べ飽き、また身をすすがないならば、ぶどう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる