ふるさと納税で日本を元気に!

北浜絢奈さんに送る雅歌

北浜絢奈さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

と一緒にして出発し、バラムの足を捕えられる。悪しき者および悪を行うに至るのみだ。それでも主の怒りのやむまで、潜ませ、その一つを選ぶがよい。もしわたしたちとわたしたちの縁者で、最も近い親戚です」。やがて日は入り、暗やみに寝床をのべ、その手をもってなし遂げられ、彼はわたしに『養い親が乳児を抱くように、牧場の牛二十頭、牧場の中の龍のように替えられると、海べ、カナンびとの地にはすべて露があった』と」。イスラエルの山々よ、主のみ前にひざまずこう。主のゆるしが、ふれ示されたあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる