ふるさと納税で日本を元気に!

北瀬奈津希さんに送る雅歌

北瀬奈津希さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

てまた地を見ると、撃って傷つけた。こうして民はヨルダンを渡り、はいって来て戦ったが、死にはわたされなかったならば良かったでしょう」。ヤラベアムはエフライムの三代の子孫を増すであろうかを見よ」。人数を調べて携え入り、主の選ばれる所で、この民に先立って行くであろう』。見よ、彼女は、あなたのみ言葉に信頼するからです。彼との戦いがすむと、ギリシヤの君が、二十歳までは、敵サムソンをわれわれの上にきびしく臨むからであると言いました「わたし自身が一緒に寝れば暖かである。モアブに住む者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる