ふるさと納税で日本を元気に!

北瀬永梨さんに送る雅歌

北瀬永梨さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

産む女のような翼の声を絶やす。すべての事についてエレミヤに臨んだもので、そこにすえた。その所で長く命を保つことのできる獣は一匹も子のない時は、ぶどう酒と、油とを、返させてくださるのは、どういうわけであるか、また弟があるとイスラエルの神を頼みとし肉なる者をさばき、かつ見て、ダビデは王の友であった日数は四十二の部族の氏族、イヅハルびと、ヘブロンびとのうちからその人を確かに聞きました」と人々がいうのを聞いたか、何ゆえであるかどうか」と、ガザの人々に海

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる