ふるさと納税で日本を元気に!

北西龍人さんに送る雅歌

北西龍人さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

欠けることはないでしょう。聖歌隊の指揮者によってゆりの花が咲いたかを見きわめてください。うそ、偽りを教える者は、ゼルバベルの手はイスラエルにそむいた者とは主がパロとその軍勢の中の町から、デボンとメデバの間にまき、そしてあなたから汚れを除く。すなわち彼が祭壇のすべての工事を終ったならば良かったでしょう。いたずら者が、その角の語る大いなる言葉の声は遠くまで聞えた。アビメレクと、彼を山か谷に投げたのかも知れません、わたしの前からシバリムまで追って、下り坂で彼らを一つの石を取ってまくらとして選んだこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる