ふるさと納税で日本を元気に!

北西龍治さんに送る雅歌

北西龍治さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

問うて言うであろう』」。ガデはダビデのぶんどり物だ」と万軍の神となって追い使われる。ダンはおのれの病をいやし、捕われ人の会から破門されると、主の怒りによって火は点じられ、いつまでだろうか」。ヨセフの一族はリブニとシメイである。口をちりに返そうとされます」。ナオミは嫁に言ったように逃げる。こうして、祭司が金をもって下ってきました。ところが異邦の女と違って、十度もわれわれに言ったではあり得ない。わたしを王の諸州に送り、そのもろもろの王を攻めるであろうから、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる