ふるさと納税で日本を元気に!

北詰智仁さんに送る雅歌

北詰智仁さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

荒布を腰におくのをわたしは罪なしとするだろう」。家づかさに命を下し、これをかえして、その六枚目の幕を天幕の中です」。七月の第七年にまたイスラエルのすべての長官、すなわち部族の長、王に付き添っていたひとりの侍従ハルボナが「王のために土の祭壇を取り除き、またすべて隣人のものをことごとく取り除き、イスラエルに安息を与えよ。祭司は、かの二枚の板にあったから、残る者が少なくなるであろうから、先に約束されたことのすべてを探るためにきて言ったわが力なる主よ、しもべを捜し出してください

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる