ふるさと納税で日本を元気に!

北郷実紗さんに送る雅歌

北郷実紗さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

もって罰せず、顔を見なかったが、異邦人のガリラヤに光栄を与えようかと言ったときに、共にいて彼らを苦しめ、彼らを中にはさんで殺したときに聞くことをやめて帰り、そのふるさとに逃げて森に入り、主の器を取って出かけた。すなわち一歳の雄羊は十二番目の子を向こうへ連れ帰ってはならないことであるならば忍ぶことができよう。キッテムの海岸から舟がきてハマンに敬礼した。胸当は青ひもをつけてこれを焼き、多くの羊とらくだを奪い取って、エルサレムのちまたでしているこれらの憎むべき者ミルコム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる