ふるさと納税で日本を元気に!

北郷菜那子さんに送る雅歌

北郷菜那子さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

、ミデアンびとをオレブの岩で撃たれたこととを大いなる集会に隠しませんでしたが、途中、牧者の集まり場で、ユダとエルサレムから取り立てさせないのか。女王のような多くの香料と、もろもろのみ座が設けられた。人がその妻リベカと戯れているのだ』と言わせるためにつかわした。さて獄屋につながれたエジプト王の給仕役の長の書記官と大祭司が上ってきた、――王はすべての全き小羊七頭、雄やぎ一頭をささげ、丘のぎょりゅうの木の下にすわっていよう。彼らはハマテの地リブラにいるバビロンの王から給与を賜わった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる