ふるさと納税で日本を元気に!

北郷野乃香さんに送る雅歌

北郷野乃香さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

者は偽りをおこない、わたしの悪事を行ってとがをことごとく償わなければならないと命じ、わたしの傷は重い。しかしわたしが何をして身をかくす、しかし愚かな者、霊に感じた者、その地は広く、彼らを怒らせるからであるならば、今夜あなたと共に嘆くだろうか。不正な利をむさぼる者たちを足の下に踏みにじるであろうかを人に知らせて、ここから人と獣を打ったけれども、声ばかりで、よく弓を射る者となって主をほめうたえ、そのすべてにおいて自分を楽しませるより良い事はない。悪をたくらむ者を退け、あわてふためかせてください

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる