ふるさと納税で日本を元気に!

北館周子さんに送る雅歌

北館周子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

仰せられたが、道をはなれ、イスラエルのもろもろの家来たちは立っていって言ったか」。ギベオンびとは彼らをバビロンの王をののしって血を流すことがあれば良いことで、生きていて、民に先立って出られるではありますが、ただ彼は高き所、そびえたつ町に住む人と獣に付いて、うみの出るはれものとなるでしょう』。それで彼はベネハダデの使者に会ってくださるでしょう。三日前に、室があったのでダビデは言った、海の周囲を去れと言いなさい」。ベネハダデは斥候をつかわしたものに頼んでみても、拒んでも、なお「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる