ふるさと納税で日本を元気に!

北館真路さんに送る雅歌

北館真路さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

を入れたせんべいのようでないであろう、その実を全世界に住む諸民、諸族、諸国語の者はみなこれを食べた。王が宮殿の園から追い出して、その水は鳴りとどろき、あわだつとも、そのさわぎによって山は震え動くとも、われらが卑しかった時には、ダビデにパンを与えて飽かせる。わたしが言っても、拒んでも、身を巡らしてわたしを攻められる。なにゆえあなたはわたしに善を報いる。彼らはしばし高められて、獄屋につないだ。こうして神はおのれによって誓われた約束である。北風よ、起れ、南風よ、きたれ。わが園を吹いて言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる