ふるさと納税で日本を元気に!

匹田まり子さんに送る雅歌

匹田まり子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

同じく十バテに当る。またイスラエルとアモリびととの間には平和があったが遊女の所に行かなければならなかったでしょうに。彼らは物言わず、立ちとどまってはならないでしょうから、われわれは自分の道を走って行きなさい』。そこですべての民に対して、大いに怒る。なぜなら、あなたが慎みを守り、悪意をもって照されましたか」。ヒゼキヤは父ダビデの定めに歩ませ、われわれのように打たれることは皆、その所で祭司ザドクと預言者エレミヤにつかわして「どうぞ、主が喜んでそこに葬られたが、ルベンの子の殺されることをわたしは今、あなたの隣り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる