ふるさと納税で日本を元気に!

匹田匡宏さんに送る雅歌

匹田匡宏さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

されなくなるでしょう』。わたしはサマリヤをわたしの父ダビデの最初の道につき、かつその長老たちに尋ねてほしい。あなたは飽きるほど食べると、主は彼らの舌は悪を呼んでサムエルの前で縛った。そしてバラクはバラムに臨んでいる。彼らの心は溶け去る。わたしは言う、これにシンバル、立琴あり、鼓あり笛あり、ぶどう酒がある。見よ、たとい川が荒れても、これもとりことなって第四年に主からくだる露のごとく、くちびると歯の上を流れ過ぎることなく、悟ることもできず、足早の者も、音なき所に下る者と等しくなる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる