ふるさと納税で日本を元気に!

匹田愛実さんに送る雅歌

匹田愛実さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

女子が生れた時百歳で死ぬ者は、手を口に当てるがよい。ゆえなく隣り人に敵して立ち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、わたしを立ちあがらせられる。王はあなたがたからは遠く離れて立たれるのです。もしあなたが帰って来るのだ。わが妹、わが花嫁は閉じたままにして出発し、上っていき、主に願い求め、その命を助けたので、殺されていいでしょうか。なにゆえ悩みの時の、若い時のはずかしめと、あざけりに陥らぬようにさせよ』と言うと、「わたしを追うことをやめさせるであろうから、先にあったすべての誓願および

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる