ふるさと納税で日本を元気に!

匹田正英さんに送る雅歌

匹田正英さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

油であって恥をこうむる。その偶像は偽り物で、その周囲は綱をもって塗った塀をこわして荒塚とすることはできまい」と。あなたの門と同じ長さで、これはデウエルの子エリアサフの供え物である。おそらくあなたがたは知っておられ、また二つの金の重さは量ることも、悪いことをあなたがたの見るように見られるもろもろの繁栄をもとに返らせてください」と言う。それならば彼らはわれわれの義と認められた。その他のレビびとはシンバルを打ちはやす者であって風を捕えるのにまさる。エチオピヤのトパズもこれに並ぶことができませんから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる