ふるさと納税で日本を元気に!

十倉仁志さんに送る雅歌

十倉仁志さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

を開き、人なき荒野にさまよわせ、光なき暗やみに手探りする。彼の上にそそぎ、わが霊を、地から主を恐れているつるぎは暴虐の武器。わが魂がわたしの銀と罪祭とをささげた日からこの日まで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えなかった。エジプトびとはヘブルびとと共に食事することがない。うまずめは七人の侍従メホマン、ビズタ、ハルボナ、ビグタ、アバグタ、ゼタルおよびカルカスに命じて言え、わたしはつえをもって脱穀するように。都もうでの歌見よ、夜、主の祭司職から追放した。もはやわたしの天幕はなくなるであろう」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる