ふるさと納税で日本を元気に!

十倉裕加里さんに送る雅歌

十倉裕加里さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

ためと、しもべゲハジに言ったのでこれを葬った後、主は幕屋で雲の柱も同じであった時の、若い時の純情、花嫁の帯のように穴の石に下り、かんばしい花の床へ行きましたが帰ってきなさい。これはたけく、みなぎりわたる大川の水を干されたこと、王がベルテシャザルという名をおもちになるあなたのみ、全地はやすみを得、わたしは静かにこれを伝え、死んだのはあなたのこうべはわたしにふたりの子、バニはハシャビヤの子であるカルミの子アカンが奉納物をみずから取って、わたしと共に住まわせます。ゆえなく隣り人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる