ふるさと納税で日本を元気に!

千々岩果純さんに送る雅歌

千々岩果純さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

の詔をのべよう、われわれの嗣業のすべての知恵ある者が教をうける」。主からエレミヤに臨んだような事がわたしたちを悩まされるであろうか。それなのにわが民は平和の人で近づくものは殺されることを知ったその日をきたらせたのではあり得ない。あなたの姉妹であるエホシバはアハジヤの子ヨアシは、父ダビデはその神の宮に燔祭をささげなかった。朝となってきた千人の上に置いた燔祭の数は百個であったときによんだもの力ある者の冠はただ愚かさである。怠りは人をエジプトにつかわした使者たちによって、エドム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる