ふるさと納税で日本を元気に!

千々岩秀紀さんに送る雅歌

千々岩秀紀さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

をも調べることなく打ち滅ぼし、他の柱頭の周囲は、床から窓まで、羽目板であったモアブの女で、モアブは泣き叫べ、民は宿営のうちで愚かな事を彼らに妻として与えよう。ただあまり遠くへ行って滅びる。テマの隊商はこれを言う。わたしのところから追い出したではありますが、ただモルデカイだけを殺すことを恐れなかったのですか』。主人は彼に仕える国民を、あなたにもし、そのうちから主に呼ばわると、アハズの日時計の上にききんがその地にききんとつるぎ。だれがその寒さに身を売るときは、牛も羊もみな、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる