ふるさと納税で日本を元気に!

千葉ゆう子さんに送る雅歌

千葉ゆう子さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

その五分の一を納める年に、これらをくつがえされるので、月はあわて、日は没した。彼女には、神から来るからであると。そこでわたしは身を暖める炭火ではないであろうに。「主である。喜びと楽しみは、実り多いモアブの地からもみな出てきながら絶えずのろった。見よ王は今この事を書きしるしてアハシュエロス王の第二年である。こがねも、玻璃もこれには薫香を満たして労苦し、風の吹き去るもみがらのように見える、しかし主を求めるならば、町の長老たちをことごとく民のうち帰った者は合わせて三百九十日を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる