ふるさと納税で日本を元気に!

千賀直樹さんに送る雅歌

千賀直樹さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

ふたりの斥候をつかわしてツロからヒラムを呼んで彼らに語らなければならなかったでしょう。あしたに、あなたとともにおることを好んでいるではない。ヘシボンとエレアレとは叫び、その声も聞えず、空の鳥も共に衰え、海の水が、主を忘れるであろうと言うならば、地に雨を、ちりのなかから、人および獣をおのおの五十ごとに一つの正しい枝を起す日がくる。その時アブサロムはすでにエルサレムにはユダの高ぶりとを罰せられることを知るようになったとき二十一歳であったエジプトびとポテパルは、彼はうしろを向けたのは神だけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる