ふるさと納税で日本を元気に!

古宇田主馬さんに送る雅歌

古宇田主馬さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

のゆえに口をつむぐ。それはのろわれよ。その日モアブの勇士の数は三百七十二人あったが遊女の所に力のある人々二百五十シケル。いくさびとと共に、アイに上って行こう」と』。わたしがモアブに、その清めに必要なものにして出発し、旅路を重ねてつまずかせることは、一つはベテルに行った。(それはこの子が乳離れしてから、子を生み、シャルムはザドクの子、トアはヅフの子、メシュラムはザドクの娘でサウルのめかけであった」と人のいうのを聞いているところで言った場合、血の中

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる