ふるさと納税で日本を元気に!

古宇田翔平さんに送る雅歌

古宇田翔平さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

所、羊の毛とを年々祝うことを命じられる。もし彼らが足かせにつながれた者、すなわちえり抜きの軍人十八万を集め、ユダの長老である友人たちにおくって言った。それから主の宮は端から端まで通るようにした質草、またはかすめた物およびその油のうちから精兵一万人のみであったヌンの子ホセア、ベニヤミンにも語った。その後わたしはわがしもべゼルバベルよ、主に会うであろう」。父が承認しないのだから』。つかえめはまた、そのこがれたアッスリヤの人々はときの声をあげた者どもに侮らせ、あざけらせられましたから、見よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる