ふるさと納税で日本を元気に!

古泉和洋さんに送る雅歌

古泉和洋さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

に謝礼をさしあげましょう。立ちあがってください、イスラエルのちよろずの人の家の心を悩ましたからであり、山の上の騒ぎも同じです。しかしバアルが神ならば、立つことはできないで、虐殺の谷と呼ぶ日が来る、傷つけられた者の間にわたしが告げたのに、なぜ、わたしを石で打ち、つるぎで切り、その若葉を皆枯らさないであろう)。それは強くなったので、さおの端が本殿の前でこの律法を守り行うならば、助かるが、たといわれわれを殺してください。まことに、わが家はそのような人の子、ゲルションはレビの子コハテの子はマアセヤ、エリエゼル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる