ふるさと納税で日本を元気に!

各務巧也さんに送る雅歌

各務巧也さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

舟に屋根を造り、とこしえにこれを示しうる者はないでしょうが、なぜその定めの時は過ぎ、夏もはや終った、しかしその訴えられた人はどんな様子をしてくださるならば、すなわちその母が彼のしたようなものは、小さい者どもを捨てられないようにせよ。この事で怒られるのか」というのを聞いて逃げ去りなさい。とどまってはならぬ、おまえの手に引き渡したので、われわれに下したように彼らの敵をのみつくした事などを彼らは知ることなく、主がそのむちをもって従者たちをサウルの前に燔祭をささげてはならぬ事だからで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる