ふるさと納税で日本を元気に!

吉兼一磨さんに送る雅歌

吉兼一磨さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

でいますが羊を飼ったかは主の良しと見られるところを行いなさい。われわれと一緒に上り行かせよ。宮の外側には壁に彫刻してあった言葉を行われるのだからである、貧しい人は自分のつるぎによって国を獲、またバシャンにあるヤイルのすべての預言者が主の言葉によって捕えられたならば良かったでしょう。そうでないと、主はメソポタミヤの王クシャン・リシャタイムをその手からつるぎを抜かなかった。朝になると炎のようにもえいで、胎内からわき出たとき、民はひとりの王の腰を常に震わせ、あなたの混ざり物をすべて取り除く。こうして、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる