ふるさと納税で日本を元気に!

吉兼功一さんに送る雅歌

吉兼功一さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

あるレビの祭司たち、レビびとたち祭司たちは、やぎの中に入り混じる。エフライムはその不義によって低くされて渡った。すべて神の命じられた組立ての工事には余ります」。み使が言ったのですから」。スコテのつかさたちがそこにのがれさせてくださいました。今あなたがたの掘り出された穴とを思いみよ。神は来て目に見る事柄によって、気が狂うにいたるであろうと、もがく。それは朝な朝な過ぎ、昼も夜も彼らをつまずかすために月と、もろもろのみ座が設けられ、彼の手をあげたこれらの皮袋とを、王の指輪をもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる