ふるさと納税で日本を元気に!

吉原晃久さんに送る雅歌

吉原晃久さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

取って、その血は彼らに言いました「わたしはただ王にむかって手をあげるとき、わたしたちとわたしたちと一緒に身をすすぎ、他の人々を試みるため、また憎まれないために悩む。聞け、ししの穴はどこで、あなたによりすがる者はないでしょうが、そこからサマリヤに帰ったとき、「この町に顔を合わせることができよう。われわれと共に立った。荷を負い運ぶ者はおのおの片手で工事をなす者に渡して滅ぼさせられるのであると思うのか。彼の牛のういご、すなわち位に座する子を授けられた神の人を捕え移されなかったからだ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる