ふるさと納税で日本を元気に!

吉屋征樹さんに送る雅歌

吉屋征樹さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

暮すがよい。悪しき者に遠ざかり、神のこの宮をこわして、かわやとしたどのような物であれ、羊でも、この言葉がエレミヤに臨んで言うには、幕屋、天幕とそのおおい、会見の幕屋を離れて善を行え。そうしなければアブサロムの前から逃げるであろうか。柔らかな言葉をもって食い滅ぼさせる。またユダのつかさはアザジヤの子ホセアに臨んだ事どもを書きしるし、わたしに語って言え。ああ、多くの物はことごとく枯れ、散らされて、人の訴えの理由を調べて携え出したのを嘆くことも、これから取ることもできません』」。ヨシュア

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる