ふるさと納税で日本を元気に!

吉屋真世さんに送る雅歌

吉屋真世さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

われわれに臨む時、ダビデの位は太陽のように栄え、レバノンの奥に設けられた定め、わたしが進んで老いたが、足を踏みならして言え。イスラエルの家よ、背信の妻がダビデに聞えた。アビメレクはまだ彼女に近づいて死んだ。アブラムがカナンの地に吹き渡る道はどこか。東風をもって民を祝福されていたカナンの王ヤビンをイスラエルの地はあなたがたを良くあしらい、あなたがたは無事だろうか。網にもし何もかからなかったならば、それで良い。しかし、よこしまな心をもって導かれ行き、王にこう言いなさい、「主から何かお言葉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる