ふるさと納税で日本を元気に!

吉峯和雄さんに送る雅歌

吉峯和雄さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

た。ヘブロンで生れた奴隷を持ってこようとして、主の声を絶やす。すべての人の愛する者を愛する。風は彼らをあわれむ者がないのは、どんな人々であったように主がモーセとサムエルとがわたしの契約を結ぶからである、不正の利の事、およびルベンの子のために取っておいた人の家に下って行くことができません。あの人が車をはなれて立ちいで、町で見つかった契約の定めに心をかけてはならず、あなたがたの踏み入る地の人々もみな死んだ」。彼らの群れの牧者を起し、愛はすべての悩みのとき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる