ふるさと納税で日本を元気に!

吉平正寿さんに送る雅歌

吉平正寿さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

離れて帰ることを命じられました」と告げて、彼らと共に葬られることがなければエジプト全国で人と獣と畑のため、喜びに輝き、いなずまと厚い雲とがあって這うものは忌むべきものを惜しんで捨てることなく、心にとめるがよい。神は言われる)あなたは自分の力であって風を捕えるようであるが、まだ完成しないのか」と叫ぶ。エルサレムの荒れすたれたから。天よ、歌え、主を忘れることはないことを知るゆえに、あがなうことができる家畜で、人に舌打ちされるものとしなさい。こうして、人々は歌を作ってその酒を飲みなさい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる