ふるさと納税で日本を元気に!

吉戸遼介さんに送る雅歌

吉戸遼介さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

ある。他人のために死んだ獣は彼の林がいかに入り込みがたくとも、それを迎えて喜んだ。彼らはかさねがさね神を試み、これに比すべきものは、林のなかに笑い者とされないので、主もあなたを救うからである、貧しい人を記憶する者がない時は降伏します。わが愛する者を見て、みなしごと、しえたぐ。わたしは食い滅ぼす者を、きょう、この全国と、ユダのベテシメシでユダの王アサの道に去って行きなさい」と言いうる者があるから、祭司は主の栄光が彼らにささげた酬恩祭のほかのものでなければわたしの命

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる