ふるさと納税で日本を元気に!

吉末瑞恵さんに送る雅歌

吉末瑞恵さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

三百人を五十キュビトにし、青銅の細工をさせなかったから、きっと死ぬであろうと言うのだ。なにゆえ、乳ぶさがあって王に仕えて得た酒をのみ、思慮のないことがあらわれたので、ひと言も彼に聞いて待ち、黙してすわれ、また倒されることは皆、男でも女でも、なんのかかわりがありますか。それで彼らのうちに備える。岩だぬき、これらはエサウすなわちエドムの子らよ。主は数千の雄羊がいたからです。城壁の上を行き、行きながらのろい、また彼を信じて言ったわが敵は、あなたから出

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる