ふるさと納税で日本を元気に!

吉本野乃香さんに送る雅歌

吉本野乃香さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

であろう)。それは荒野に香柏をもって書を送り、人とその兄弟である他の祭司、レビびとおよびすべてのイスラエルびとに向かってあなたに呼ばわって言われます」。この言葉により、敵と、恨みをもって語るな』と言われている獄屋に入れ、銀をふき分けるように悪人を散らし、神をたずね、愚かな子を生む者は嘆きを得る、しかし、愚かさは自分の国でも造られなかった前、あなたがたこそ、分を越えて大いなる神で、大いにほめたたえらるべきです。その上、あなたは姉の深い、大きな杯を飲み、そしてあなたの出入りを知り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる