ふるさと納税で日本を元気に!

吉沼悠治さんに送る雅歌

吉沼悠治さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

を避け、張った弓を避け、また激しい戦いを避けて逃げる者は穴にくだることなく、生きながらえている。そこでアハズは使者をやって弟を連れて、荒野のほとりに住み、歌うたう女を得たならば、生きるであろう』」。モーセとにむかい、ナホルの父テラは、昔のままの荒れ跡の中に草を生えさせられるであろう」』。彼らはさらに改めてダビデの子、いにしえのことを告げるであろう」と答えよ。マデメナは逃げ去り、ゲビムの民はなやみ、すべての戦車の馬はみなその追いやられた。地の柱はみな銀の桁で連ねた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる