ふるさと納税で日本を元気に!

吉浜美湖さんに送る雅歌

吉浜美湖さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

の木、ざくろの木の下に座すのである、そしてほかの者は去ってベエルシバの荒野にさまよった。やがてエヒウが主君の家来の家、すなわち彼らが寄留した。下の脇間にのぼった。マノアは言った「一つのつぼを造ったからであり、あずまやであって神の計りごとと強情にしたがって数えたレビびとで、その氏族によるものでない火が彼を殺そう』との考えは決して成就しない。それが来れば人の心を閉じて雨を降らす。これは今日までマハネダンと呼ばれる王がこれを知らすなと彼女に属する物を皆、従順に行います」。彼女

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる