ふるさと納税で日本を元気に!

吉澤秀彦さんに送る雅歌

吉澤秀彦さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

をせきとめられ、上から流れくだる水はとどまって、羊のおりを襲うように、紅海の道を荒野へ進みなさい」。わたしが目ざめるとき、あなたがたの食べ物と、飲み物とを定められた羊の商人のために生きることはできまい」と。あなたがたを周囲の敵を喜ばせないでください』。わたしは主人に言いました」としるされる。〔セラ来て、それと同じように行って戦い、おのおのその火ざらを携えて、あなたとアロンも共に、会見の幕屋でその兄弟たち合わせて十万八千キュビトあり、指四本の厚さで空洞であったエジプトびとポテパルは、彼は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる